GHP

環境にやさしい、省エネ・高効率の空調システムとして
国も普及を推進しています

仕組み

ガスエンジンでコンプレッサーを動かし、ヒートポンプ方式で冷房と暖房を行う空調システムです。
原理としては、LPガスを使用しているタクシーと同じです。
 

■気化熱&凝縮熱を利用した冷暖房

  1. 液体→気体になるときは周囲から熱を奪う(気化熱)
  2. 気体→液体になるときは熱が発生する(凝縮熱)
 
上記のような性質を利用して冷暖房を行います。

特徴

暖房能力

ハイカロリーのLPガスで排熱を利用しエンジンを動かすため、エネルギーロスをなくし、素早い立ち上がりの暖房を実現。
※室外機の熱交換器に排熱を流し除霜するため、霜取り運転も必要ありません。

省エネ

インバータ効果

室内温度に合わせてエンジン回転数を制御するインバータ効果で経済的に無駄がなく、快適な空調を行います。


消費電力の抑制

ガスエンジンで駆動しファンや補機に電力を使うのみなので…
消費電力は同クラスの電気エアコンの『約10分の1

経済性

省エネ・省電力効果で省ランニングコスト 使用するほど安く、使用した分を支払う料金体系 

環境性

地球温暖化防止

ガスは石油などの化石燃料よりも二酸化炭素の発生が少ないクリーンエネルギー。


酸性雨防止

窒素を含まないLPガスと低NOxエンジンの採用により、窒素酸化物の排出を抑える。

定期点検

点検を定期的に行うことで、トラブル予防・効率的な運転を維持できます。
また、定期点検を行うことでエンジンが長持ちし、イニシャルコストを回収する