ガス漏れの対処法とメーター復帰方法

ガスの臭いがしたら…

  • 室内の火は全て消してください。
    マッチをすったり、タバコを吸ったりしないでください。
  • 扉や窓を十分に開け、風通しを良くしてガスを屋外へ追い出してください。
    LPガスは下にたまるので、特に下の方の風通しを良くしましょう。
  • 換気扇や電気のスイッチには触れないでください。
    スイッチON/OFFの時に出る火花から着火する恐れがあります。

ガス漏れ警報器が鳴ったら…

  • ガス栓や器具栓を閉めてください。
  • コンセントやスイッチに触れないでください。
    火花が出てガスに着火する恐れがあります
  • 換気扇は回さないでください。既に回っている場合は、そのままにしておいてください。
  • 当社へご連絡いただき、点検を受けるまではガスを使用しないでください。 

万一災害の時は

  • 火災時
容器のバルブを閉めてください。
消防士などに容器の場所を知らせ、後の処理を頼んでください。
  • 地震時
 火を全て消して、ガス栓・器具栓を閉めます。
揺れが大きい場合は、おさまった後で容器のバルブも閉めておいてください。 
  • 洪水時
容器バルブを閉めます。
容器が倒れたり流されたりしないよう、しっかりと固定されているか確認してください。
※容器バルブの閉め方
時計と同じ右回しです

災害のとき、容器バルブを閉める事は二次災害を防ぐ上でも有効です。
万一の時は素早く対応できるようにしておいてください。

マイコンメータの表示と復帰方法

  • ゴム管が外れたとき!
ガスが不自然に大量に流れると
自動的にガスを遮断
  • 消し忘れたとき!
お風呂のつけ放しなど
必要以上に使用時間が長い場合
自動的にガスを遮断
  • ゴム管にヒビがあったとき!
微小な漏れが30日以上続けて流れた場合
警告表示します
​または
  • 地震が発生したとき!
ガス使用中に震度5相当以上の地震があると
自動的にガスを遮断
  • 警報器がなったとき!
ガス漏れ警報器などの異常信号で
ガス遮断することができます。
(ガス漏れ警報器設置の場合)
  • 配管のガス圧力が低下したとき!
ガス配管の圧力が低下したとき
自動的にガスを遮断します。

マイコンメーターがガスを遮断した後、自分でできる復帰方法

1.ガス栓・器具栓を全て閉じる。
※ガス配管の圧力が低下したときに自動的にガスを遮断します。
2.復帰ボタンを押してすぐに離す
※表示部分の液晶又は赤ランプが点滅します。
1~2分待つ。 
ガス漏れがないかどうか、安全確認しています。
異常がなければ、液晶または赤ランプの点滅が消え、ガスが使えるようになります。