お手入れ

  • ガスコンロなどの目詰まりなどは、不完全燃焼の原因となります。
    外れる部品については時々ブラシで掃除してください。
  • ひび割れがあるゴム管は使用しないでください。 
  • ゴム管は、ガス栓の赤い線の所まで差し込み、ホースバンドでしっかり止めてください。
  • ゴム管を長くしたり、物陰を通したり、折り曲げたりしないでください。
  • 三つ又は危険ですので、絶対に使わないでください。